月別アーカイブ: 2016年4月

史上最年少の整体トレーナー(アースデイ)

2016/ 4/23 10:20
Hello-g project!!のブース準備中

4/23、24は代々木公園(東京都渋谷区)の、アースデイ2016に参加しました。

ブースは、Hello-g project!!さんです。

2日目は、朝から雨が降って冷えていたので、お客さんの出足も鈍かったのですが、午後からたくさんの方に来ていただき、ほとんど一度も途切れず、待ってくださっていた方もいたので、撤収時間になってからも応対していました。

2016/ 4/23 8:29
椅子を連れて行きました

椅子1脚を置いて、という環境で、観察にも提案にも制約がありましたが、限られた条件での提案は勉強にもなりました。

 

 

 

 

 

 

今回、史上最年少の整体トレーナーが誕生しました!

Mちゃんです。

股関節から足首の連動をよくする
「股関節から足首の連動をよくして

 

2016/ 4/23 14:02
骨盤の緊張をとります」

「生理周期が不安定、PMSも気になる」というIさんに、股関節の解放を提案しました。

このケアエクササイズをお嬢さんのMちゃんが上手にサポートしてくれました。「こうやるんだよー」と自分でもやって見せてくれる。すごいー! お母さんのIさん専属トレーナーです! 年齢を聞きそびれたけど、2歳くらいかな?

 

PMS(月経前症候群:生理前の不調)は、骨盤の緊張が強く、卵巣を圧迫していると起こりやすいです。

症状の例に生理前になると食べ過ぎてしまう、イライラして周りにあたってしまう、頭が痛いなど。

(なぜこういう症状が起こるかというと・・・

女性の体は、生理前に骨盤を緩めて月経血を排出し、生理後に骨盤がスッとしまる、というサイクルを持っています。

食べ過ぎる・甘いものを食べる・・・食べると、内臓が下に下がる・膨らむ、などで、骨盤が広がりやすくなるから。

イライラ、頭痛は、骨盤を緩めるホルモンを出しているのに、骨盤がひらかないことで、ホルモンバランスが乱れることから。)

キュっと固くなっていた骨盤をまずリラックスできるよう、股関節から足首までの連動がよくなるエクササイズを行いました。

卵巣に負荷をかけず楽に座れます。内股の筋肉も使えるようになるので、骨盤をうごかすちからをつけるように歩いたりできると思います。

「なんだか体が大きくなったみたい・・・背が伸びたみたい」とIさんから感想をいただきました。ほんと、体がリラックスして伸びました!

2-3か月続けていただけたら、生理不調が解消されるだけでなくお体が変わると思います。

Mちゃん、サポートよろしくね!

 

全3回ワークショップ「むくみ・だるさを断捨離!」

女性二人ばんざい文字付き24、5、6月のワークショップのお知らせです。

テーマは、

むくみ・だるさを断捨離!

です。

今年の夏からは、夏の体に早めにシフトチェンジして、夏の重だるさ・むくみ・冷えなどの悩みにサヨナラしましょう~!

(季節不調のケアは、症状が出る2-3ヶ月前から取り組むのがおすすめです。不調が出るというのは、その季節の体にシフトチェンジがうまく出来てないということ。早め早めにチェンジの術を身につけましょう。)

 

今回、むくみ・だるさ対策で、おもに腎臓系のケア、呼吸器系のケアを中心に取り組みます。

腎臓は、水分とともに老廃物の排出と体全体の調整のはたらき。

腎臓が不調=むくみがある方は、腎臓の位置が本来の位置より下がっています。ウエストよりやや上にあるべき腎臓が下がっています(だから「ウエストが太い、わたしは太ってる」と思ってしまう・・・)

腎臓を本来あるべき位置に戻すと、本来機能が発揮できるようになり水分・老廃物の排出が進んでむくみが軽減、ウエストもスッキリ。

呼吸器は、肺・横隔膜をしっかり使えるようケアします。しっかり二酸化炭素を吐き出す力をつける。すると! 美肌になるのです!

つまり、むくみ・だるさの解消とともに!

ウエスト・二の腕がすっきりするおまけ付き!!

今回、持ち物に 巻尺(まきじゃく)があります。

ウエストを測りまーす!

全三回で、どれだけ腎臓・肺が元気になるか。すると、ウエスト周りがどれだけスッキリするか、数値で見てみましょう(変化の差分だけみんなとシェアします)。

ドキドキワクワクでの参加をお待ちしてます。

題名
からだそだて隊(生活整体講座)お申込

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)
※kokoaruki.comからのメールが受信できるよう設定お願いします。お申込受付メールが届きます。

電話番号 (必須)
※当日連絡のつく番号をご記入ください。(天候不良・交通障害などによる変更等の連絡のため)

メッセージ本文
※ヨガマットのレンタル申込(300円)もこちらに。お問い合わせの方は、返信方法の希望(電話(OKの時間帯)・メール)をご記入ください。)

※送信後数分以内に、お申込受付のメールが届きます。
※「お問い合わせ」のみの方にもお申込受付のメールが届きますが、内容確認後、折り返し返信いたします。(この時点ではお申込扱いになりません)

※【お申込受付メール未着の場合】お手数をおかけして恐縮ですが、受信環境をご確認の上再度送信していただくか、電話にてお申し込みくださいますようお願いいたします。
※キャンセル・遅刻の場合は必ずご連絡ください。
※定員に達したら受付終了です。

 

ここはどこ? 

クイズ☆ここはどこでしょう?

481席の講堂
481席の講堂

1.向かいは横浜地方裁判所。近くに横浜スタジアム。

2.大正6(1917)年に創建。

3.ジャックの塔。

(答えは最後に)

 

 

 

 

 

赤レンガの外観

 

先日、2週続けてこちらに行きました。

秘密コンサート「ベートーベンからの挑戦状」という、会場が秘密のコンサート(謎解きをすると、会場を教えてもらえる)

もう一つは、鼻呼吸の講演会。

 

どちらも、ユニークで、勉強になること多かったです。

2016/ 3/26 20:30
フライトチケットのような入場券

 

コンサートは、お客さんを引き付ける仕掛けがあれこれされていて、異業種から学ぶところは多いなあ、と実感。敷居が高い、参加するきっかけがないという人にいかにアクションを起こさせるか、楽しんでもらえるか。

 

 

 

 

階段のステンドグラス
階段のステンドグラス

もちろん、鼻呼吸も。講師はあいうべ体操の今井一彰先生(福岡市 みらいクリニック)です。

呼吸と骨盤や歩き方の関係を別の角度から整理できました。

(そうそう、「ここあるき」という屋号は「呼吸・骨盤・歩き方 こころとコアに効いてくる」の略です☆)

呼吸と疾患の関係、アトピー、リウマチ、うつなどの改善事例の掲出のあと、今井先生の「自分が一番救われた」の言葉に胸を打たれました。「今まで『原因がわからない、しかたない』としか患者さんに伝えられなかった。もどかしかった。今は「これやってみて!」と言える。」

わたしがやっているのも同じこと。「わたしの体、しかたなくない!」と気づけるサポートをしていきたいと思います。

 

さて、クイズの正解は!

横浜市中区関内の開港記念会館でした~(^▽^)

 

※秘密コンサートは、次回9月22日「モーツァルト・ゲーム」という題で行われるそうです。場所は「秘密」ですって。

http://classic-concert.info/himitsu/