服の表情を作るのは体

麻ワンピースブランドcode de l’air(クッドゥレール)さんの展示会に行きました。

 

麻100%のチュニックとサルエルパンツ

ここあるきのチュニックとサルエルパンツ

akemiさんデザインの服は、ここあるきで使わせていただいているものです。(旧名のA*chocolatのもの。)

会場は東京の国分寺。中央線国分寺駅から徒歩5分のギャラリーです。

 

わたしは、西国分寺駅で降りて、一駅ぶん歩きました。

2016/ 5/ 7 16:20

カラーが咲く真姿湧水群

途中に、真姿の池湧水群という水のきれいなところがあり、行ってみたかったのです。ある風水の先生によると、このあたりは、気の流れがよく、パワースポットなのだそうです。

 

 

 

 

 

2016/ 5/ 7 15:42

ジャケツイバラ。幹はトゲだらけ

国分寺(地名のもとになってるお寺)には小さな植物園があり、万葉集に歌われた草木が植えられていました。これはジャケツイバラ。

わたしは生まれ育ちが奈良県で、万葉の植物にも歌にも親しんでいたけれど、ここは武蔵野。植物も歌も取り上げられているものが随分違います。

 

2016/ 5/ 7 16:07

真姿湧水群の源泉地

真姿の湧水の源泉。ここだけ人口密度が高い。奈良時代から知られる名水だそうです。

途中でハーブ(ローズマリー)の苗を買いました。気の流れのよい場所で、音・香り・光・味など五感に通じるものを得ると、その場のエネルギーを持って帰れるんですって。おみやげってそういうものですね。

 

 

 

2016/ 5/ 7 18:01

木漏れ日がゆれるようなワンピース

さて、ずいぶん寄り道しながら、展示会の会場に着きました。

大きな水玉で、元気なビタミン色のファブリックが入った服がメインです。

着るだけでテンション上がりそう!

code de l’air(クッドゥレール)はフランス語で「大気の刻印」という意味だそうです。

2016/ 5/ 7 18:00

さくらんぼみたいな水玉

2016/ 5/ 7 17:57

着る人を順番待ちしている服たち

akemiさんのデザインは、服と体の間の空気をゆったり味わう感じがします。

 

ブランドのこと、ここあるきで使わせていただいている服のことや、衣服と体のことなどいろいろおしゃべりしました。

 

 

ここあるきの服は、毎回いろんな方に着ていただいて、その度に「あ、この人、こんな感じなんだ」「この服、こんな表情もあるんだ」と、発見がある服です。

 

 

ここあるきには「わたしって、体がゆがんでますよね?! (>_<)」と来られる方が少なくないのですが。

2016/ 5/ 7 15:43

体がゆがんでるって・・・世界の数十億人のうち、体がゆがんでる人の割合は100%だよ!

体を見せるプロである、ファッションモデルも、ダンサーも、アスリートもゆがんでます。あなたも、わたしも。

だって、地球は地軸が23.4度傾きながら自転してるし、太陽の周りを公転してるし、月の引力の影響も受けてるし。ふだんぼーっとしてても、遊園地のアトラクション以上のエネルギーを体は受けてます。

なにより、体の中身は左右対称でも、上下対称でも、前後対称でもありません。右側に肝臓、左側に胃、心臓は中心よりやや左、脾臓は左。ふたつの卵巣は前寄り、子宮は後ろ寄り。

体は球形でも直方体でもないし、完全無欠のマネキン人形のようでもない。朝昼晩でも季節でも変わるし、仕事や生活状況でも変わる。

だから、後ろ姿だけで「だれだれさん!」って分かるし、久しぶりに会うと「なんか、変わったね!?」って体の表情で感じたりする。

体が人それぞれ違う、その時々で変わるってほんとうに素敵なこと!

やる気まんまんのときもある、痛いときもある、つらいときもある、のんびりのときもある。生きていれば、いろいろ起こる。

衣服は、そういう体の歴史を包みながら、その人の魅力を引き出してくれる。

 

不調はつらい。でも不調だけでその人の体はできているのではない。

その人の体に沿ったシワや影やふくらみで、服は生き生きとする。

普段の服にできるシワにコンプレックスをお持ちの方が、ここあるきの服に着替えて、「これ、気持ちいい!」とニコニコされる。重心も本来の位置に整いやすくなり、服に体と心が後押しされてる、と思います。

立ったり、座ったり、伸びたり、捻ったり、服と連動して体は動く。この体は、生きているんだなー、とわたしは嬉しくなる。

わたしは、akemiさんの服をからだそだてで使わせていただいて、改めてそんなことに気づきました。

 

akemiさんご本人の写真撮影はパスされちゃったのですが、とても魅力的な方。デザイナーさんとお話すると、その服が「想いを持って呼吸している」と実感できます。

今なら、国分寺で会えますよ。5月上旬と下旬に展示会です。

水のきれいな国分寺周辺、ギャラリーやおいしいもののお店も多いので、いろいろ楽しんでくださいね。

2016/ 5/ 7 18:01

Gallery BON CHIC

code de l’air(クッドゥレール)展示会

◆2016.5.6(金)~5.11(水) @Gallery BON CHIC  

10:30~17:30 作家は毎日在廊いたします。

Gallery BON CHIC
東京都国分寺市 南町2丁目10-23
JR国分寺駅南口徒歩5分
042-301-3296

◆2016.5.31(火)~6.5(日) @cafe slow  
火:11:30~18:00
水:11:30~18:00
木:11:30~18:00
金:11:30~15:30
土:11:30~15:30
日:11:30~18:00
作家は毎日在廊いたします。

イベント開催のない金・土:11:30-19:00 日:展示会のみ18:00まで、
カフェは19:00まで営業しています。
詳細はcafe slowさんのホームページにてご確認ください。

cafe slow  
東京都国分寺市東元町2-20-10
JR国分寺駅南口徒歩5分
042-401-8505
FBページ
https://www.facebook.com/CafeSlow/timeline  

 

Follow me!