お風呂に入る体・仕事が気になっちゃう体

Tさんは、「足」がテーマです。「10代のころから冷えていて、若いころはしもやけがあった。今はしもやけはないけど、足の裏はガサガサで、爪もきたなくて、イヤ」だそうです。

それが、1か月半のワークで、見違えるように生き生きとした足先になってきました。肌の色も明るく、黄色っぽくくすんでいた爪の色がピンク色に。ご本人も、改めて「すごーい!」とニコニコ。

そういう経過のお体だったので、今回はどうなってるかなー?と思って拝見してみたら。

足先が前回より冷えていて、爪の色も一部黄色っぽく戻っています。

お話を伺うと、ここ1週間ほどとても忙しかったとのこと。

足のワークはお風呂でするパターンになっていたのだけれど、全然できなかった。

「ワークできなかったから、足が冷えた状態になっちゃたんですね。」

仕事が終わるのも遅くて。しかも、お風呂の中では、ご自身の抱えるお客さんの課題についてあれこれ思いめぐらしていた。

まー、ワークや経過が想定外に展開するのはよくあること。こういうときに「怒られちゃう」と思うお客さんもいるけれど、わたしは別に怒らない。お体はかまってもらえなくて怒ってたりさみしかったりしたかもしれないけど。

今日ここからどうしていくかが課題です。

わたし「お風呂の中で、お客さんのことを考えちゃうんですか?」

Tさん「そう。新しいお客さんに、どうしてあげればいいかなーって。」

わたし「気になるんですね。お風呂で解決?」

Tさん「解決しないんですけどね。」

お風呂は体を洗って温めて、自分のケアをするところです。

お風呂に入ってるときに電話かけてくるお客さんってちょっと困るでしょう?

Tさん「そうですね。夜もずいぶん遅いし・・・営業時間終わってるのに(笑)」

わたし「なのに、お客さんのこと考えたら、夜中に電話受けてるのと同じじゃないですか?」

Tさん「(笑)」

自分の時間が取れるのがお風呂とトイレだけ、とおっしゃってたけど、たいていの場合、そんなことはない。時間と場所は工夫できると思います。

足のワークを足指一本一本について、一緒にしながら、

わたし「今、なに考えてます?」

Tさん「足が、足らしくなってきたなあ。この指が、まっすぐ伸びてきたなあとか。」

Tさん「それでいいんですよ! お風呂のときは、体のことだけ!」

ワークの間はお体にしっかり集中できて、着替えてから、これからの仕事のことを話してくださいました。お仕事はこれから変化が大きそうで、わたしも楽しみです。

お仕事をしてる人、とくに個人事業主や子育て・介護中の方って、個人と仕事上の役割(自分自身と、母や妻など家庭内の役割も)の境目があいまいになりがちで、それが心身に不調をきたす一端になることもあります。でも、「絶対自分だけの時間・空間」はとらなくちゃいけません。そして、それを確保していることを、自分で認識するだけでも違うと思います。

Follow me!