二重あごを整形する体

先日、整形手術をした人の映像を見ました。

韓国の女性で、「目の下の膨らんだところと、二重あご」を切除して縫合したそうです。

たしかに、目の下もあご周りもすっきりしているし、ご本人は満足されているようなんですが・・・

こういうのは、自分で自分の体の使い方を見直すことで解決できるのに。

 

ご自身でも、試してみてください。

A)今の状態であごの下をさわったとき

B)肩をぐっと上に上げて前に持ってきた状態で、あごの下をさわったとき

 

どちらのほうが、あごの下がぷよぷよしていましたか?

Bの肩をぐっと上げて前に持ってきた状態、つまり、猫背の状態のほうが、あごの下がぷよぷよしますね。

整形した女性は、猫背の状態が継続していたため、あごの下がぷよぷよした、「二重あご」の状態になっていました。

 

そのぷよぷよはAのときは少なかった。だから、二重あごは体のポジションを見直すことで解決できる課題です。

 

わざわざ、あごにメスを入れる必要はありません。

この解決方法のデメリットは、猫背は解決できない、ということ。猫背の状態でスッキリあご、を作ってしまった。

猫背ではない、本来のちょうどいい姿勢をしようとすると、あごの下がヒキツレてしまう。

しかも、猫背の状態だと、体の軸と重心から見て、またあごの下にぷよぷよができてしまいます。また、あごの手術をしたくなるかもしれません。

さらに、この姿勢は、胸が小さくなります。あごの手術に味を占めて、豊胸手術に手を出してしまったら、また体の軸と重心のバランスがややこしいことに・・・

 

整形手術を実際にはしなくても、「二重あご」はしかたないと思ってる人がいらっしゃるかもしれません。

二重あごは、遺伝でも、年のせいでも、太ったから、でもありませんよ!

体の軸と重心がずれているから、です。

 

 

 

Follow me!