FAQ

気になることわからないことがあれば、まずお読みください。その他遠慮なくお尋ねください。

Q: からだそだてってなにをするのですか?
Q:「からだをそだてる」っていうのはなぜですか?
Q: エクササイズをするなら、体操教室やジムとどう違いますか?

Q: わたしの「○○(病名・症状)」を治してくれますか?
Q: 病院での治療、ほかの施術や療法に通いながらでも受けられますか?

Q: マンツーマンは、どのくらいの回数・頻度で通えばいいですか?
Q:生理前・生理中・生理後、どのタイミングで受けるのがいいですか?
Q:鼻水・むくみ・冷え・耳鳴り・気分の落ち込み・だるさ等、季節の不調に対応できる体を育てていきたいのですが・・・

Q:産前産後に受けられますか?
Q:赤ちゃんや子どもを連れてきてもいいですか?
Q: 体を動かすのが苦手です。・・・わたしにできるでしょうか?
Q:ワークショップとマンツーマン、どのように違いますか?どちらを受けたらいいでしょう?
Q: 提案のエクササイズを最近サボってて顔向けできません・・・


 

 


女性二人顔隠すgf01a201503230300

Q: からだそだてって何をするのですか?
A: 体の使い方や癖を見ながら、その人の今の生活が生き生きとする方法を探り、自分でできる整体法を身に付けます。

プロスポーツ選手は試合で、ダンサーはステージで、最高のパフォーマンスをするためにトレーニングや調整をします。

同様に、わたしたち一人ひとりも、自分自身の「プロ」です。自分の仕事や生活で自分の体を最大限に生かしたい。

社会人として、職業人として、家族の一員、趣味や自分の時間を楽しむ一人として、かけがえのない自分の人生を歩む唯一の存在として、最大限に自分を生かしていけるような体を作っていきます。

具体的には、座る・歩く・PCを使うといった日常動作の改善や、自分に合ったセルフケアとしてオーダーメイドのエクササイズを行います。

 

 

by Jonathan Kos-Read
Q:「からだをそだてる」っていうのはなぜですか?
A:「そだてる」というのは、単に標準的なバランスに施術などで「整える」だけをよしとはしないからです。

今あるその人の体の個性(痛いところ、弱っているところ、よく使っているところ、のびのびしているところなど)すべてを認め、その人が生かしたい方向へご自身が発達させ「育てていく」からです。

 

 

by Mixtribe Photo
Q: エクササイズをするなら、体操教室やジムとどう違いますか?
A:からだそだては、ご自身が自分の体を知ることに重きをおきます。

今の自分の体の使い方をナビゲータと観察します。

  • 現在、不調や気になるところはどこか、どういう状態か
  • 今までどのような使い方で体のどの部分に負荷がかかっていたか
  • 今後どの部分をもっと使っていけば負荷を軽減できるか

これらをベースに、ご自身に合ったセルフケアとして、動作の見直しやエクササイズを実践し、ご自身の体をそだてていきます。

 

 

 

by PhoTones_TAKUMA
Q: わたしの「○○(病名・症状)」を治してくれますか?
A:からだそだて(自分でできる整体)は医療行為ではないので、こちらが「治せます」とは言えません。しかし、あなたの「○○」との付き合いが辛いものであったなら、その付き合い方を変えるサポートができます。

「○○(病名・症状)だからできない」と思っていたことが「実はできる!」と発見するサポートができます。「わたし=○○(病名・症状)」というかたちでしか認められなかったのが、「○○(病名・症状)だけじゃないわたし」に広がっていきます。

「治す」のはナビゲータではありません。「治す力」を持っているのはあなたご自身の体です。自己調整力の発揮を、体を見る・知ることからサポートしていきます。

西洋医学の診断・治療を受けるべき症状の方には、その旨お伝えしています。

by Vive La Palestina
Q: 病院での治療、ほかの施術や療法に通いながらでも受けられますか?
A: はい、受けられます。ただし、急性の炎症・感染症・発熱がある場合はご遠慮ください。その他、既往症がある場合は、申込時にお知らせください。

ご自身の調整力がUPするので、ほかの治療や療法の効果も高まります。からだそだては、ご自身の体の使い方を整えるものなので、ほかのケアに悪影響を及ぼすことはありません。

たとえば内臓疾患/関節の炎症のある方は、その内臓/関節に負荷をかける体の使い方になっています。そこに重心がかかり、内臓のつぶれや関節のねじれ、血行不良になっています。

体が本来のバランスで使えるようになり、内臓/関節などが本来の位置で本来のかたちを取り戻せば、薬やほかの療法の効果の向上が期待できます。

 

 

 

女性駅2051476567_9f203df6d3
by:sleepy sparrow
Q: マンツーマンは、どのくらいの回数・頻度で通えばいいですか?
A:約3か月で3~5回が目安です。
    • 初回から2回目は、1~3週間前後の間隔をあけて
    • 2回目以降は、約4週間の間隔をあけて

お越し下さい。

自宅のセルフケアの継続で体の使い方がどのように変わってきたか、それに伴って不調の部分や気持ちにどのような変化が現れてきたか、を来店時にナビゲータと確認して、次へと進んでいきましょう。

不調改善を確認でき、ご自身でセルフケアをやっていける段階になると終了です。
(あと1~2回で終了だろうとナビゲータが判断した時点で声かけをします。終了のタイミングはご自身・ナビゲータと相談して決めてください。)

終了までの期間は、人それぞれです。高齢の方は長年の体の使い方の癖を手放すのに時間がかかる傾向がありますが、年齢だけが決定要素ではありません。ご自身のセルフケアへの取り組み方、課題の内容などによって変わります。

 

 

女性茶の葉6862817128_a7fbfd2495_b
by Yang Chen
Q:生理前・生理中・生理後・排卵期、どのタイミングで受けるのがいいですか?
A:どのタイミングでも受けられます。ご都合の良いタイミングでお越し下さい。

生理直後が不調も少なく、ご自身が体を動かすことに負担が少ない時期だと思います。骨盤は生理前後に動くので体を育てていきやすい時期です。

ただ、バイオリズムに合わせてご来店できるとは限りませんから、ご自身の都合のよいタイミングでお越し下さい。ご自宅でセルフケアを毎日継続していただくので、結局はいつ来られても変わりません。

生理不調(PMSや生理痛など)の改善の場合、からだそだての過程で生理2~3回を経過させることが望ましいです。どのタイミングからスタートされてもかまいませんが、2~3か月取り組むスケジュールで来られるのが望ましいです。

生理前・生理中にかかわらず、不調があまりにひどいときは無理をなさらないでください。

 

 

女性頭抱えるlgf01a201406242100
by Daria Konstantinova
Q:鼻水・むくみ・冷え・耳鳴り・気分の落ち込み・だるさ等、季節の不調に対応できる体を育てていきたいのですが・・・
A:、症状が起こる時季の2~3ヶ月前からからだそだてを始めるのが理想です。

季節の変わり目に不調の出る方は多いですね。これから季節の変化に沿った体になって不調が起こらないようにするには、症状が起こる時季の2~3ヶ月前からからだそだてを始めるのが理想です。からだの使い方が変わって定着するには約2~3か月かかるので。

たとえば毎年6月ごろのつらさを改善したいなら、3~4月頃からのスタートがおすすめです。もちろん、やろうと思ったときがはじめどきですよ。

 

 

 

by Stephanie Petra Photo
Q:産前産後に受けられますか?
A:はい。妊娠・出産後の体は、人生で最大の体を作るチャンスです。ぜひ生かしていただきたいと思います。

からだそだては自分でできる整体で、施術を受けるものではないので、妊娠中もご利用いただけます。

産前は、約5カ月の安定期に入ったら筋力を付けて、産後スムーズに回復していける準備をしていきます。(出産で骨盤の変化が大きいため、それに対応できる体を作ります。)※産科から「安静」を指導される場合もありますが、日常動作の制限まで受ける場合は少ないです。お医者さんにどの程度まで動いていいかご確認ください。

産後は、多くの場合3週間経てば日常生活に戻れます。休み過ぎると筋力が落ちるのでお早めにお越しください。筋力・体力の低下を感じていると思います。育児に対応できる、産後うつにならない体を積極的につくっていきましょう。(生後すぐの赤ちゃんはまだ動きまわらないので、お母さんが自分のことをできる時間もとれますよ。)

産前産後の体づくりは、月1回程度のペースで産前約3~4回、産後約3~4回の計6~8回が理想です。

 

 


親子寝かせるgahag-0024540101-1

Q:赤ちゃんや子どもを連れていってもいいですか?
A: はい、かまいません。(お母さんの責任のもとで過ごしていただきます。)お申し込みの際に、お子さま連れのことをご相談ください。

お子さまといっしょにからだそだてを受けていただくのは歓迎なのですが、当店にキッズルームは設けておらず保育スタッフもおりません。恐縮ですが、遊び道具などはご持参ください。

スペースの隅にヨガマットを2-3枚敷いて、お母さんの責任のもとで、そこで過ごしていただく形になります。スペースは2階にあり、階段手前とバックスペース手前はパーテーション(ついたて)で仕切っています。(保育のためにほかの方に来ていただいてもかまいません。)

当店の向かいに、横浜市民の利用できる保育所オルタスそらいろがあります。よろしければお問い合わせください。

 

 


女性頬杖l201106041200

Q: 体を動かすのが苦手です。・・・わたしにできるでしょうか?
A: はい。その人の体に合った方法でサポートします。

脚の手術をしたからといって、体全体が動かせないわけではありません。高齢で動きの幅が小さいからといって、全く動かないわけではありません。だるい、疲れている、痛いといって、全く動かないわけではありません。

動かすのが苦手、動かせない、という方は大抵、どう動かしたらいいか分からなくなっているから、「ほかも動かない」「苦手」「できない」と思っていることが多いです。

動かしにくくなっている部位を動きやすくなるように、あるいはその部位だけでなく体全体から動かせるように、どのように体を使えばいいかをサポートします。そうすると、体は使えます。

 

 

Portrait of jumping young people a backs on the beach
Portrait of jumping young people
a backs on the beach
Q:ワークショップとマンツーマン、どのように違いますか?どちらを受けたらいいでしょう?
 A:ほかの人と楽しむならワークショップ、個人の課題について丁寧に向き合うならマンツーマン

ワークショップは、ひとつのテーマについてほかの人たちと一緒に取り組みます。いろんな体の使い方、変化、反応を共有しながら楽しみます。

マンツーマンは、個人の課題について、より丁寧に踏み込み、じっくりと取り組みます。

ワークショップに気軽に参加して、ナビゲータやほかの参加者さんにマンツーマンのメニューのことをいろいろ聞くのもおすすめです。

 

 


女性寝転ぶgahag-0063111411-1

Q: 提案のエクササイズを最近サボってて顔向けできません・・・
A: サボっちゃう時期は必ずといっていいほどあります。

サボりたくなる原因は、体が「最近調子が良くなってきた。もうエクササイズやらなくてもいいかな?」と思いはじめた、ほかにやりたいことやできることが増えてきて課題の優先順位が下がった、想定以上に体が変化してエクササイズが合わなくなった、「忙しい」・・・などです。

サボるのは、ご自身の体や生活が変わるタイミングです。「ダメだー」ではなく「いいこと!」なのです。

堂々と「サボっちゃった!」とおっしゃってください。今の体や生活の状況を確認して、それに合ったからだそだての方法、セルフケアを作っていきましょう。