タグ別アーカイブ: さぼり

実は手放すのが惜しい「痛み」

先日、首のこり、ストレートネックがひどいという20代の女性のからだそだてのサポートをしました。

かれこれ十数年の間毎月、整体とかマッサージとかに通ってたそうです。「(通うのが)くせになっちゃって・・・」

でも、一回で痛みは半減、自分で解決できる展望があっさりと見えました。

 

その2週間後に、ご家族の方と会う機会があって、

「実は(彼女は)全然エクササイズとかやってないんですよー」って。なるほど。

あとでやるーって言ってやらないんですって。

「うーん・・・ほっときましょう」

「@Σ@」

「もちろん、彼女が手助けを求めて来たら、サポートします。でも、今はいいと思います。一度このこりは自分で解消できるという体験もしてるし、手放したくなったら手放すでしょう。」

ご家族には、「自分の体に集中してください」と伝えました。ほんとは家族で一緒にわいわい楽しくケアして、一緒に変わっていきたいだろうなー、「だるーい」なんて言いながら何もケアをやらないのを見てるのはもどかしいだろうなーと、すごく思いますが。

(この辺りにいろいろ話があるのですが、長くなるので割愛。)

 

ご家族の方も、からだそだて実践中で、こちらはせっせと欠かさず取り組んでいるので、どんどんおからだが変わってきてます。

身近な方が変わる姿を見るのが、一番です。

 

「こちらがいくら『やろう』って言ってもやらない」

まー、言われたからやるもんでもないですしね。

人に言われたから生きるわけじゃない。

やらなきゃ! って自分が思わないとやらない。大人も子どもも一緒です。

言われたからやったって、それはその人が作った体にならないでしょう。

 

自分で解決できる痛みを手放さないのは、「その服もう似合ってないよ、捨てれば」って周りが言っても「そうなんだよねー。でもー・・・」って抱えてる感じに似てる。

 

 

以前のわたしは、なかなか動き出せない人の背中をなんとか押したい気もしてたけど、最近、変わらないのもいいんじゃない? って思ったりもします。

 

痛みがないのがいい体、とも限らない。

痛かったりだるかったりしても、いい体。

その痛みも含めて、自分を受け止められるなら、それはとてもすてきなことだと思う。

今まで嫌いだった痛みをなんだか惜しいくらいに感じるなら、それも一つの変化です。

 

でもずーっと変わらない・治らない人もいない。自分が手放したいタイミングになれば手放して次に進めるんだなー、とも思います。

(わたし自身がそうだった。今もそう。)

 

この間お体を拝見してお話しした感じでは、彼女には、必ず変わりたくてたまらないタイミングが来る。その時は「なりたい自分」のイメージももっと明確で、この間とは違うものになってると思う。

そこを待ちたいなあと思います。

 

自分の体の処方箋(ワークショップその後)

body_i_good
食道の絵じゃなくて胃だけど。

前回のワークショップに参加のSさんから、その後の様子を伺いました。

実は、数年来、逆流性食道炎に悩まれていたそうです。一時期はお薬も手放せなかった、最近は症状が強いときだけ服薬されていました。

それが、ワークショップでやった体を伸ばすエクササイズのうち、3種類をおうちで継続するようにしたら、症状が気にならなくなった! とのこと。

「ウエストが細くなったのもうれしいけど、こっちがもっと嬉しい!」

ですって。

わたしもうれしい!!

体を伸ばすことで、内臓の位置が整ってきたんですね。

自分で内臓の位置を整えられる力がつくってすばらしい。

「体を伸ばすと横隔膜がすごく動くようになった。それが効いてるのかな」と説明してくれるSさん。

横隔膜とつながる食道下部括約筋(胃酸が逆流しないよう、食道と胃のくびれをつくる)が鍛えられて、食道と胃が分かれるようになったから、胃酸が逆流しなくなったかな。

すごいなー、Sさんの体。

 

「それで、・・・実はエクササイズは最近さぼってて、またやらなきゃなーと思ってるんですけど(^^)ゞ」

って。

うんうん、その体の反応も合ってる(^^)/

一時期いっしょうけんめいエクササイズをやったのは、体が「これをやると体が楽になる」と認識したからの行動、最近エクササイズしなくなったのは体が「楽になったからエクササイズはもういいかな」と判断している状況。

(個人のお体と不調改善などのテーマに向き合うマンツーマンメニューでは、ご自身のゴールまでさらにしっかり取り組みますが、今回はワークショップなので「3種類全部やらなくていいから、一番地味なのを続けてみて」というアドバイス。)

エクササイズで整えられるのもいい体、エクササイズしなくて間に合ってるのもいい体。

もし、また食道の不調が起きたときには、エクササイズで対処できる! と分かったわけだから、それをやればいいわけです。

Sさん、自分の体のいい処方箋を入手しましたね!

 

ワークショップ、2時間を楽しむだけでなく、

「これ使える!」の何かを、ここあるきから持って帰ってくださいね。

 

次回のワークショップは5月24日(火)です。詳細こちらから。

 

さぼりターム、よしよし!

ここあるきの「からだそだて」は、その人の体の使い方の癖から不調改善やからだづくりをサポートしていく整体指導です。

今までの体の使い方の癖(使いすぎ、使い忘れ)を知り、使い忘れをしっかり使うことで使いすぎ(炎症・痛みなど)の負荷がかかっていた部分を解放していく。それは自分自身が体の使い方でコントロールしていけるので、自分でやっていきましょう、と、動作改善やエクササイズの導入を提案します。

 

それで、その人に合ったエクササイズや動作を定着させると、使い忘れと使いすぎのアンバランスが改善されるのですが。(だいたい、2、3ヶ月で使い方が定着できる。)

「定着」ってむつかしいよね!

絶対、サボります。^x^

(「絶対」っていう言葉は慎重に使えと言われるけど、絶対、さぼる。必ずさぼる。誇大誇張表現でなく。)

だって、新しい使い方で、痛みや炎症、停滞が軽減されてきたら、「もう治った」と勘違いするのも、当たり前。

からだは、前の使い方を記憶しているし、その軸と重心で長年生きてきた。痛みや炎症があっても、それが慣れた使い方。

新しい使い方は、使い忘れてたところをしっかり使うので、結構ハードに感じる。

だから、ちょっと楽になると、「もういいかー」とお休みしちゃう。

 

これって、とても、まともな反応ですよね。

「成果を実感したから、休止」「ハードなことは避けたい」。

淡々と、言われた宿題を休まず、1ヶ月やってる人ってなかなか見ない。

どんなに不調が大変で、「この不調の解決のために毎日やんなきゃ!」と必死の人でもしばらくするとサボる。

さぼるっていうか、「効果を実感したから、休んでもいいかな」と体が感じてる証拠。体が変化を感じる感覚を持ってる証拠。

だから、サボっちゃったっといわれると「よしよし!」と思います。

あなたの体はまともだよー!

 

そこで、自分の体を観察して欲しい。

エクササイズ一生懸命したときと、サボってる今日、なにか違うかな。からだそだてを始める前と、今と。サボってからもういっかいやってみると、エクササイズの感覚って何か違うかな。痛かったところはどうかなー、関係ないかもしれないけどお腹周りとか服の感じとか、顔のしわやむくみとか。

サボっちゃった、上等!

ただ、定着にはまだ至っていない。

(自転車の乗り方であったり、スマホの操作であったり、新しいこと、何も考えずにスイスイできるのは、その体の使い方が定着したってことですよね。座るとかエクササイズとかは、見た目地味だけど、日常の大半を占める地味な動作の今の体に合った使い方の練習。地味ですけどね。)

からだは新しい方向に育ち始めてる。

そこから、それをどうしていくのか、もうやめちゃうか、続けるか、それはご自身次第。今後自分の体をどの方向に持っていきたいか。

わたしとしては、1回1時間、数回受けていただく「からだそだて」と定着のための宿題は、今後一生分のからだそだてになると思う。数十年で割ったら、今の負担はたいしたことないはず。元は取れる。やる価値はあると思う。

でも、それをどうするかはその人次第。

続けたいかどうかは、からだに聞いてみてね。

三日坊主の繰り返しを、わたしは応援してます!