タグ別アーカイブ: 伸び

ウエストが3センチ細くなった!(ワークショップ)

5月24日は、ワークショップ「むくみ・だるさを断捨離!」の2回目があります。

 

遅くなりましたが、1回目のレポートです。

4月26日は、ワークショップ「むくみ・だるさを断捨離!」の1回目でした。

今回は「全身のたわみをとる」がテーマです。体を伸ばすことを中心に。

植物が芽を出し伸びていくように、春は体も伸びる季節です。

 

参加者の方は、巻尺もバッチリ持参されました。

「何を測るんですか?(ドキドキ)」

「ウエストとふくらはぎでーす!」

ビフォーアフターをチェックします。(数値は各自心の中に秘めておく^^。)

そのほか、お互いの体のポイントも触って確認します。

いろんなエクササイズで、体の伸ばし足りないところをううーんっと伸ばします。ペアでサポートし合います。

2016/ 4/26 14:03
「ここまで伸びますよー」

「もうちょっと伸びるよ、トントントン」

「うう、限界です~!(><)」

「じゃあ、もうちょっと、トントントン」

ぐいーん!

「まだ伸びますねー!」

ぐいーん!

 

2016/ 4/26 14:01
「まだまだ伸びますよー」

本人が限界と思っていても、サポートされるとまだまだ伸びしろが出てくる。

ふだん意識しづらい体の各部分をぐいーんぐいーんと伸ばして、

終了後に再びウエストを測ると・・・!!

「ウエスト、3センチ細くなりました! ふくらはぎは、1センチ!」

「おおー♪♪」

お互いに体に触れて、変化も確認。お尻がプリッとふんわり弾力が出ていたり、肩甲骨周りがすっきりしていたり、ふくらはぎが軽くなっていたり。

顔のビフォーアフターも携帯画像でチェック。顔の赤みが抜けて、むくみがとれ、すっきり。

 

2016/ 4/26 13:42
「さっきとは違う筋肉も伸びてきた」

 

それぞれのエクササイズは、息が切れるようなハードなものではありません。

いきなりだときついエクササイズも順番にやっていくと、こなせてしまう。

寝ながらの伸びもふだん意識しづらいポイントにちょっと意識を向けるだけで効果がUP。サポートする側はポイントを意識しやすくするだけ。

 

このマイナス3センチはすぐ戻っちゃうのですが、今回のエクササイズのどれか一つだけ毎日やれば、体はウエストすっきりの使い方を覚えます。

2か月後の体はだるさ・むくみをスムーズに解決できる+ウエストもスッキリの体ですよ。^▽^

 

※ わたし自身、前回からウエスト2~3センチをキープ中。体を伸ばすことで内臓の位置が本来の位置に戻る(上がる)のです。

 

この後、「春の食事」について、Hello-g project!!の千葉先生から東洋医学の食の講義。

動いて、食べて、の両面から、春のだるさを解決する2時間でした。

 

体調がすぐれずお休みされた方もいらっしゃったのですが、ほんとは、こういう方にこそ受けていただきたい内容でした。くやしい~

(前日当日と急に暑くなったので、むくみ・だるさを解決したい方には、のぼせも出やすい厳しいお天気でした。季節の不調の解決って、こういう気象条件に左右されるから難しい・・・と痛感しました。)

 

次回は5月24日(火)13時~15時です。

復習少し+動く力をつけるで、疲れ・だるさ・むくみのたまらない体をバージョンアップしていきます。風が爽やかな季節、体内の風通しが良くなるように呼吸器をパワーアップしていきますよ。

肩こりも楽になる~♪デコルテ・バストラインもきれいになる~♪

座る姿勢の見直しで代謝UP!もやります。

デスクワーク、クラフト作業、PC作業、テレビを見る、食事をする、など、ふだんの座る姿勢で体を整えていけます。「座ってばかりだから疲れる・だるい・むくむ(涙)」を「座っている時間こそスッキリ元気になる時間♪」へチェンジ!

 

お申し込みはこちらから

カモン!

※ワークショップはご希望に合わせて開催することもできます。(3名以上の参加者。)

※お一人またはお二人でワークショップと同様の内容をやりたい!場合は90分または120分メニューで、ご自身のお体の状態に合わせて対応して提案できます。

いずれも、内容は参加者のご要望のテーマ・年齢・体力などに応じて組み立てます。

お気軽にお問い合わせください。

 

「お大事に」と新人ちゃん

「最近膝が痛くってー・・・」

「そうなんだー。お大事ねー」

そんな会話、したことありますよね。

 

「お大事に」と言われたら、どうしますか?

「お大事に」と言うとき、どんなことを相手がするといいと期待して言ってますか?(なんとなく言ってみただけ?!)

なるべく歩かない? 膝を使わないようにする? 膝を使うようにする?

じっとしてる? 温める? 冷やす?

 

痛い膝には負荷がかかって、炎症を起こしています。

「これ以上無理だよー、休ませてよ、使い方を見直そうよ」が痛みのメッセージです。

じゃあ、膝を休ませるってどういうこと? 歩かないのがいい?

いやいや。

じっとして、使わないまんまだと、使えなくなっちゃいます。

↑重要なので太字にしました。

「使わない」って、能力ある人を納戸に閉じ込めちゃうようなもんです。

 

膝に負荷がかかっているとき、膝にお任せで、仕事をしていない部位が必ずあります。膝はよその部位の仕事までしているので負荷がかかっているのです。

さぼってるところに仕事をさせて、膝を休ませればいいのです。

さぼっているのはどこでしょう?

 

でも、なかなか、気づかない。使うことを忘れているから。

「ここ、使ってますか?」と聞くと

「え?! 考えたこともなかった!」なんて反応が来ることもあります。

(どこを使ってないかは人それぞれなのですが。)

さぼってる部位は、ズルいわけじゃなくて、なにをしたらいいかわからなくてヒマな部署なんです。「膝くんはがんばってるなー」と思いながら、何をしたらいいか分からない。能力あるのに納戸に入ってひっそりしてたヤツ。

でも、「キミはこれが仕事だよ!」とエクササイズで使い方を教えると「そうなんだ! オレが働くと膝は楽になるんだ!」と生き生きと働き始めます。なにしろ長年ヒマしてたので、 活力十分、プリプリの新人ちゃんです。

プリプリの新人ちゃんが働くと、ヨレヨレのベテランエースの膝は、本来の膝業務にだけ専念できて、楽になります。

体はチームです。全パーツを使って本来のバランスに整うようにすれば、どんなに弱い体も痛い体も、楽になります。

(痛い・弱いの度合いが大きいほど、使ってないところが多いので、実はパワフルなお体なんですよ。)

 

「お大事に」と自分の体に声がかかったら、「無理してるところを休ませたいな、使ってないところを使うと、全身使えるんだよな」と思い出してください。

まずは、うーんと、全身で大きく伸びをするだけでもいいです。

ぎゅーんと伸びるところがあるでしょう?

そこはまだまだ仕事のできる若手ですよ。おお、キミを使ってやらないと!と気づいてください。痛気持ちいい~をいっぱい使ってみてください。

負荷のかかって痛かったところ、楽になってきますよ。

 

もっと詳しく自分の新人ちゃん発掘をしたくなったら、ここあるきにご連絡くださいね。