タグ別アーカイブ: 田んぼ

【お誘い】山梨で田植えしたい人!

taue山梨県の富士山のふもとで田植え体験をしてみたい人はいますか?

水と空気と土のきれいなところで体を動かすと気持ちものびのび解放されますよ。

日にちは詳細未定。調整中。

6月14日以降の火・木・土・日のいずれか。6/28を除きます。天候・苗の生育状況でスケジュールが変わることがあります。

場所は山梨県都留市の農園。富士急行の十日市場駅が最寄りです。(画像は昨年の田植え後の風景です。昨年の田植え記事はこちら

参加費は無料、交通費は各自負担。おひるごはんは玄米オニギリを先方で用意していただけます。お持ち込みも歓迎。

昔ながらの「手植え」です。水の中に入って一本一本苗を植えます。はじめてでも大丈夫!マイペースで田植え体験を楽しみましょう。休憩タイムにはおしゃべりもしましょう。^▽^

●循環農法という、土中の菌、草、虫の力とともに作物を育てる農法で、無農薬・無化学肥料です。米・野菜・豆などとてもおいしい。

わたしの友人夫妻が営む農園です。都内・横浜市内のレストラン(たまな食堂長津田農場)でも使われています。

興味あるかも! という方は、ここあるきまでお知らせください。

✉ info@kokoaruki.com

 

☎ 080-1002-0726

受付:8時~20時

(スマホはタップで電話がかかります)

稲刈りと「からだに筋肉貯金」

先日、山梨の農園に稲刈りに行ってきました。

田植えさせてもらったところです。

「はぜかけ」までしました。日暮れまでに全部できなかった~。
「はぜかけ」までしました。日暮れまでに全部できなかった~。

小さい苗が、数ヵ月で稲穂を実らせて、お米になるって、すごいなあ、と思います。

農園はわたしの友人が営んでいるところ。

稲刈りをしながら、ちょこっとおしゃべりもします。

「農作業って、決まった動作の繰り返しで、案外全身を動かしていない」という話。

 

どの仕事でもそうですよね。アスリートやダンサー、モデル、漁業、建築、子育て、介護、・・・全身をくまなく動かすって普通の生活ではなかなか難しい。それに自分の得意な動き・動かし方になる。それでいいんですけどね。ただ、「使いすぎ」と「使い忘れ」が出てくると、気になるところが。

「移動も車に頼っちゃうし、夏の終わりになると、なんだか動かしきれてない冷えとだるさが出る」

夏の終わりから秋口にかけてのだるさって、まさにそういう「出しきれてない」感じです。この時期のお体、そういう人が多い。それが顕著になると、不調でしんどくて、冬まで引きずり、リセットできずに翌年以降も・・・それで慢性的にだるい、という人も。

「それが、稲刈りになると、全身使うからすっきりして、筋力もついて、体が温まってくるのよ! 動くからしっかり食べられる。この筋肉で冬の寒さを乗り切れる感じ」

しっかり動いて、動かない冬に備える。自然のサイクルで体って整うようにできてるんだなあ。収穫の秋、食欲の秋、運動の秋。つながってるんですねえ。

 

からだに筋肉貯金

これで次の季節、次のステージが楽になる。

稲刈りまでできなくても、自分の生活にプラスできることあります。

自分ならではの収穫の秋の体、作っていきましょう。

 

(ほんと、稲刈りは全身をよく使う。わたし、エクササイズを意識しながら稲刈りしたら、しっかりこってり内転筋群に効いた。^▽^)

 

夕暮れの富士(奥) もう冠雪していますが、暗くなって分かりづらいですね。
夕暮れの富士(奥)
もう冠雪していますが、暗くなって分かりづらいですね。