タグ別アーカイブ: 股関節

史上最年少の整体トレーナー(アースデイ)

2016/ 4/23 10:20
Hello-g project!!のブース準備中

4/23、24は代々木公園(東京都渋谷区)の、アースデイ2016に参加しました。

ブースは、Hello-g project!!さんです。

2日目は、朝から雨が降って冷えていたので、お客さんの出足も鈍かったのですが、午後からたくさんの方に来ていただき、ほとんど一度も途切れず、待ってくださっていた方もいたので、撤収時間になってからも応対していました。

2016/ 4/23 8:29
椅子を連れて行きました

椅子1脚を置いて、という環境で、観察にも提案にも制約がありましたが、限られた条件での提案は勉強にもなりました。

 

 

 

 

 

 

今回、史上最年少の整体トレーナーが誕生しました!

Mちゃんです。

股関節から足首の連動をよくする
「股関節から足首の連動をよくして

 

2016/ 4/23 14:02
骨盤の緊張をとります」

「生理周期が不安定、PMSも気になる」というIさんに、股関節の解放を提案しました。

このケアエクササイズをお嬢さんのMちゃんが上手にサポートしてくれました。「こうやるんだよー」と自分でもやって見せてくれる。すごいー! お母さんのIさん専属トレーナーです! 年齢を聞きそびれたけど、2歳くらいかな?

 

PMS(月経前症候群:生理前の不調)は、骨盤の緊張が強く、卵巣を圧迫していると起こりやすいです。

症状の例に生理前になると食べ過ぎてしまう、イライラして周りにあたってしまう、頭が痛いなど。

(なぜこういう症状が起こるかというと・・・

女性の体は、生理前に骨盤を緩めて月経血を排出し、生理後に骨盤がスッとしまる、というサイクルを持っています。

食べ過ぎる・甘いものを食べる・・・食べると、内臓が下に下がる・膨らむ、などで、骨盤が広がりやすくなるから。

イライラ、頭痛は、骨盤を緩めるホルモンを出しているのに、骨盤がひらかないことで、ホルモンバランスが乱れることから。)

キュっと固くなっていた骨盤をまずリラックスできるよう、股関節から足首までの連動がよくなるエクササイズを行いました。

卵巣に負荷をかけず楽に座れます。内股の筋肉も使えるようになるので、骨盤をうごかすちからをつけるように歩いたりできると思います。

「なんだか体が大きくなったみたい・・・背が伸びたみたい」とIさんから感想をいただきました。ほんと、体がリラックスして伸びました!

2-3か月続けていただけたら、生理不調が解消されるだけでなくお体が変わると思います。

Mちゃん、サポートよろしくね!

 

肩こりと股関節痛・・・複数の不調

「肩こりもあって、股関節も痛くて・・・」とおっしゃる方にお会いしました。

おいしいものを作るお仕事で、たのもしいお母さん、という感じの方。

でも、お体のバランスは、一目見ただけでも、つらそうです。

軸股関節1
体軸が前寄りな人は、やること・やりたいことをしっかり持ってる人が多い。でも、体の一部分だけで頑張りすぎのことも。

複数の症状を抱えていらっしゃる方は、「ここも痛いし、ここもつらいし・・・悪いところ『いっぱい』ある」と思ってらっしゃる方が多いです。

 

 

複数の不調はたいていの場合、関連性があります。

大きく分けて、二つのパターンがあります。

 

1.体のバランスを取ろうと、右に負荷をかけたり左に負荷をかけたりするなどして、あちこちに不調が出ている。

→こういうタイプの人は、Aが不調の時もあるし、Bが不調の時もある。AとBは同時には起こらない。

2.ある不調を生じる体の使い方があり、過剰になった負荷が解決されず、ほかの部分にも及んでいる

→こういうタイプの人は、慢性的なAの不調(あまりにも慢性化しすぎて本人が意識していないことも)に加えて、Bの不調が最近辛くなってきた。AとBは同時に起こる。

 

(肩こりと股関節痛の関係は、2の場合が多い。肩こり→股関節痛。肩の重みが股関節にかかる体軸・重心。今回立ち話をした人が当てはまるかどうかは、実際にお体を観てからの判断になりますが。)

股関節に負荷がかかる。肩甲骨上がる

肩こりの人で、股関節痛まで自覚してなくても、「歩幅が小さい、歩くの疲れる」という方は、股関節に負荷をかけて動かしづらい状態になっています(股関節が詰まっている)。また、こういう体の使い方の人は、呼吸も浅くなって疲れが抜けない・・・。 でも、体軸・重心を整えれば全部解決しますよ!!

 

体軸が本来の中心に来ると・・・股関節に負荷がかからず、肩甲骨は下がって肩こりも解消。

 

軸股関節
股関節に負荷がかからない。 肩甲骨下がる

体はすごい。

なんとかバランスを取ろうと今の痛みを軽減しようと、無意識に重心を調整してたり、痛みにぐっと堪えていたりもする。

全部、「ひとつの体=わたし」のために、各部位が協力しているんだなーと思います。

 

1のタイプの場合は、不調改善のポイントはAでもBでもなく、別のところにある。

2のタイプの場合は、ポイントはAの不調。Aの対処法が十分でない、やり方が違っていることが多い。でもAの不調の原因はべつのところにあることも。

 

不調の原因は結局「別のところ」?

まあ、原因が「ここ」って自分でわかってたら、自分ですでに解決して治せちゃってるはずで、ここまで苦しんでませんよね・・・。「だからわかんなくって困ってて、いつまでたっても不調が不調のまんまで・・・」。以前の私も同じです。

ご自身でもお仕事や生活で経験があると思います。「ああすればいいのに」って人のことは見えるのに、自分のことになると「どうすればいいかわからない、ついつい同じループにはまっちゃう」。

 

自分のことは一番見えない、糸口が見つからない。お腹のなかの様子や背面なんて、なかなか見えないし触れないし・・・。でも、見て触れてみれば、「なーんだ、そうだったの、こうすればよかったんだ」があります。

「ここ!」が分かれば自分で解決できる。

 

自分の体を見たい、知りたい、なんとかしたいと思ったら、ここあるきに来てください。

「見たい・知りたい・なんとかしたい」その気持ちで、すでにからだは変わり始めてますよ。